ウォーターサーバーの水の種類


ウォーターサーバーに使われている水には実は2種類の水があり、それぞれ「天然水」と「RO水」があります。

天然水は名前の通り自然界から採水したものであり、極力人の手が加わらないように非加熱の状態でボトリングされています。

ウォーターサーバーの情報探しをお手伝い致します。

そのため自然界そのままの味わいを楽しむ事ができるようになっているところがメリットで、カルシウムやマグネシウムなどの人間に不可欠なミネラル成分を豊富に含んでいるという特徴を持っています。



RO水の場合は近年の最新技術によって誕生したRO膜と呼ばれている逆浸透膜でろ過されている水のことで、不純物が限りなくゼロに近いことから非常に安全性が高い水として知られています。

ウォーターサーバー情報を簡単に調べられます。

そのため最近などに敏感な赤ちゃんやペットの水としても利用する事ができるというところがメリットになっていて、安全性が高いと言う特徴がポイントになっています。


このようにウォーターサーバーでは大きく分けて2種類の水のどちらかが利用されるようになっていて、どちらを使っているのかと言うところはウォーターサーバーの会社に確認しておく必要があります。
どちらがいいのかというところは個人の考え方によって異なっているとされているのですが、例えば安全性を重視したいと言うのであれば当然RO水の方がおすすめされますし、味を重視したいと言うのであればRO水は味わい成分もろ過されてしまっているので天然水の方が美味しく感じる人が多いことから天然水がおすすめされています。


Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーの水の種類 All Rights Reserved.